スポーツと炭酸飲料

皆さんはスポーツするときなにを飲みますか?

水? スポーツドリンク? それとも・・・・がまん??

最近のはやりは炭酸飲料というんだからびっくりです!!

たしかにサッカーの試合のときにアクエリアスのフリースタイルをもって来ている子がいてちょっとびっくりしました。

ところが、今日テレビを見ていたら、最近はプロのアスリートの中でも炭酸飲料を採用している人が増えているというのです。

ここからは少々転載しますが 詳しくはあっぱれさんま大教授を見てください

ちなみに、サッカー代表公式炭酸飲料は 日本代表が「キリンヌューダ」、イタリア代表「ウリベート」です。

 炭酸飲料の効能は。
 効能1:代謝をよくする。
 効能2:疲れると出る乳酸を再びエネルギーに変える。

とのこと

 昔のスポーツ選手の驚くべき話。
 なんと、塩をなめてレモンを食べることで自然と体内に炭酸を作っていたそうです。

そこで、ちょっと調べたのですが

はやり一長一短のようです

詳しくはスポーツ栄養学を見てみてください。

転載分があるので少々文章がおかしいのですがとても気になったので書き込んでみました。参考にしてください。

人気ブログランキング←他にも面白いブログをたくさん紹介しています、よろしかったらクリックしてください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

イナバウアー

はっきりいって私はおバカちゃんです。

今、大変なことを知ったのです。

荒川静香さんの美しい演技でイナバウアーってのがありますよね。

あれって、ずっと静香さんのオリジナルで

実るほどこうべを垂れる稲穂かなと言う言葉から

稲のイメージで演技をしているとかたく信じていたのです。

たった今、フトしたことから知ったのです

イナバウアーって人の名前だったんですね

知らなかった人はイナバウアーを見てください

一つおりこうになります。

よろしければクリックしてください人気ブログランキング

| | コメント (0) | トラックバック (0)

女子フィギア おめでとう

今朝は4時30分に起きてテレビをつけたのです。

しばらくして、現在の出場選手は11番目だということがわかったのです。

どうしても朝のうちにやらなくてはならないことがあるのでミキティーは間に合わないかな?

と思ったのですが途中、氷チェックが入ったので、ぎりぎりミキティーの演技に間に合いました。

祈るような気持ちでテレビを見ていました。

ミキティーは絶対に中途半端な演技はしないと思ったのですが本当にすばらしかったです。

何度こけてもまっすぐに前を見て飛び続けるミキティーの姿に感動!!

結果的には順位は15位だけどあの前向きなミキティーの姿は私だけではなく日本中の人に勇気をくれました。ありがとうミキティー

それから、その後

「さあ、ミキティー、がんばったね、次はお姉さんたちに任せてちょうだい」

と、言わんばかりに出てきた荒川選手と村主選手!!

本当に、ジャンプするたびに祈るような気持ちになったのは私一人ではないと思います。

事実、今朝は窓の明かりのついている家が多かった!!

普通は早朝は深夜よりも灯りがついていないのに今朝は例外でした。

荒川選手の堂々とした演技はまさしくか・ん・ぺ・きの一言でした。

そして、村主選手のしなやかな美しさはまさしくアートでした。

絵画に例えるなら荒川選手はモナリザのような写実的な絵

村主選手はルノアールのようなふわっとした絵

どちらも素敵でした。

後から佐野稔さんが言っていたけど

「荒川選手の演技はまさしく天使が舞い降りたように美しかった、海外の選手は金メダルに対する意識で首を締めてしまった」

そうです。

昨日の荒川選手の

「メダルを意識しすぎると自分の演技が出来なくなるから、メダル以上の自分の演技をしたい。」

というコメントが印象的でした。

ただ、一つ難点なのが村主選手です。

私的には村主選手もすばらしかった!!村主選手がなんでメダル取れなかったの??

ってとっても不思議です。

それでもどの選手もそれぞれに人間模様をもっていてすばらしいオリンピックでした。

特に女子フィギアは演技に人間としての深みを感じ、コーエン選手、スルツカヤ選手

共々私自身大ファンになりました。

それと、リアルタイムで見れてホント良かったです。

選手の皆さんお疲れさま、感動をありがとう!!

人気ブログランキング 良かったらクリックしてください

| | コメント (0) | トラックバック (1)

トリノオリンピックに思う

トリノオリンピック、盛り上がっていますね。

我が家でも特に高橋大輔のフィギアはリアルタイムで見ることが出来て感激でした。

その中でも一番気の毒なのはやはりメダルに対するプレッシャーです。

後半になって今でもメダルはゼロ。

選手の皆さんは精一杯がんばっているのに、終わったあと「ごめんなさい」

と、言うのには心が痛くなります。

今回のトリノは冬季オリンピックとしては異例なくらい気温が高いそうですね。

東京の八王子と同じくらいと言うことは、私の住んでいる埼玉県も同じくらいだと思うのです。多分、寒さになれている選手の皆さんにとっては暖かすぎて調子が狂うのだと思います。

ところで、話は変わりますがスノーボードの選手は人間的にもっともっと成長するべきだと思います。

出発前の記者会見の態度を見ていて、全滅を聞いたときここぞというときに人間性が出るのだと感じました。

以前、サッカー選手がワールドカップで国歌が流れるときの態度の悪さを見てこりゃ負けるな。と感じたという投書がありました。

現在、国際試合でサッカー選手は国歌が流れるときにきちんと国旗を見ています。

私自身 君が代 日の丸反対派ですが、国際試合の時の行儀は日本を代表するものです。

世界中でふんぞり返って記者会見に臨む一流アスリートを見たことはありません。

その点で、彼らがもっともっと人間的に成長したときに演技もついてくると思うのです。

とにかく選手の皆さんは日本に一個目のメダルなんてどうでもいいのです。

自分にとっての金メダルをゲットしてください。

よろしければクリックしてください人気ブログランキング

| | コメント (0) | トラックバック (1)