« 栗の渋皮煮 | トップページ | 飲む寒天 »

のどぐろの干物

今日は、所沢の角上という大きな魚屋さんに行きました。

すると、久しぶりに見つけたのです のどぐろの小さいの!!

のどぐろは別名赤ムツといって大変高級な魚です。

0905mutu1 普通の大きさで1匹2500円位するのですが、

今日は小さいノドグロを100グラム100円で売っていました。

この量でだいたい500円くらいです。

息子が煮魚が好きなので煮魚をしようと最初は買ったのですが、

今日は干物に挑戦するためにさらに同じ量を買ってきました。

ところがどっこい、干物なんてと思っていた私はバカでした

まずホームページで干物の作り方を調べて、さばきだしたのですが・・・

まず、鱗を取るのは簡単でした。

0905mutu2 ところがおろす段階になって初めて気がついたのです。

三枚卸の経験はあるし、出刃も持っているのですが

頭を残しておろすなんて初めてです。

これって、腹開きが良いの?それとも背開き?

頭なんて二つに切れるの?

とまあぶつぶついいながらとりあえずいろんな形にひらきました。

0905mutu3 次にさっと洗って食塩水につけ込みます。

この濃度がまた問題  3%って濃いよね

私のは若干薄いみたいでした。

その後キッチンペーパーで水分を拭き取ってからザルに乗せて、さらにひとしおしてから乾すのですが

0905mutu4 とりあえず、私はいただき物の雪塩と言う塩を使ってみました。

これで、今、二階のベランダに干してあります。

魚屋さんは陰干しで扇風機を当てながら干すといいといっていましたがまあ、今のところ天日干しです。

二階に干したのは濡れ縁ではネコさんの餌食になってしまいそうだからです。

さて、どんな風にできているでしょうか?

結果はのちにアップします。

人気ブログランキング←他にもためになるブログがたくさんあります。よろしかったらクリックしてください

|

« 栗の渋皮煮 | トップページ | 飲む寒天 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

レシピ 魚」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/35265/11771374

この記事へのトラックバック一覧です: のどぐろの干物:

« 栗の渋皮煮 | トップページ | 飲む寒天 »